三井住友銀行カードローン月々2000円からok!返済日も自分で選べる三井住友銀行カードローンを詳細解説!

目次

突然まとまったお金が必要になり、カードローンを利用しようと検討される方もいますよね?三井住友銀行カードローンは、銀行大手のカードローンということで安心感があり、利用を検討している方も多いことでしょう。この記事では、三井住友銀行カードローンの借り方やポイントについてご紹介いたします。

 

カードローンってよくわからない?
三井住友銀行カードローンの5つの特徴を徹底解説!

三井住友銀行カードローンには、5つの特徴があります。この5つの特徴を徹底解説いたします。

契約限度額によって金利が変化!

金利とは、ローンを利用の際、返済時にかかる利息を割合で表したものを言います。ローンの利用の際には、実際に自分が借りた額だけではなく利息も含めて返済していかなければなりません。自分が借りた額以上の額を返済していかなけれなばならないということです。この金利は、カードローン会社ごとに定められています。

カードローンを利用する際には、返済金利も確認してカードローン会社を選ばなければなりません。

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.4%に設定されています。金利は、ご利用限度額に応じて変更します。この利率は大手銀行系カードローンの中ではだいたい平均的の金利となっています。金利は高すぎることはありませんので、金利の点でははじめてカードローンを利用する人でも安心して利用できるでしょう。

たとえば、利用限度額が最小ランクの100万以下の場合には金利は年12.0%~14.5%に設定されており、利用限度額が最高額ランクの700万円超800万円以下の場合には、年4.0%~4.5%となっています。

同じ10万円を1か月借りた場合、利用限度額が200万越え300万以下、金利10%以下の場合には利息は821円、利用限度額が700万超え800万以下、金利が4%の場合には利息は328円になる計算です。金利の利率が変わると、実際の利息額が変わることが良くわかりますね。

実際の限度額は、融資の際に収入やこれまでのクレジット、カードローンの返済履歴から審査されることになります。

三井住友銀行カードローンの金利は変動利率です。情勢によって変更になる場合がありますので、常に最新の情報を手に入れるようにしておきましょう。

月々の返済は2000円~OK!

三井住友銀行カードローンでお金を工面したものの、実際に返済できるかしら?と不安に思う方もいらっしゃいますよね。三井住友銀行カードローンは月々2000円から返済可能!なので、カードローンが初めてという方も安心して利用できます。

ですが、誰でも・どれだけ借りても月々2000円からOKということではありません。借入の金額が大きくなればなるほど、毎月の返済額(約定返済額)は増加します。

三井住友銀行カードローンの場合、月々2000円からの返済が可能なのは借り入れ額が50万以下の場合のみです。また、返済が終わらないうちに、さらに追加で融資を受けた場合には、追加返済が発生します。

50万未満の融資をうける場合には、初心者でも安心して借り入れでき、余裕をもって返済できるカードローンですね。

三井住友銀行の公式ホームページでは、返済シュミレーションができますので、借りる前にシュミレーションをして、返済をイメージしてみると良いですね。

 

三井住友銀行口座がないダメ?来店なしで借入したいなら口座を持っていると便利!

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行に口座をもっていなくても利用することでき、来店不要ですべてATMで手続きを完了させることができます。早ければ、即日審査、融資も可能です。

融資可能となった場合、三井住友銀行の口座を持っている場合には、キャッシュカードですぐに借り入れ可能です。しかし三井住友銀行口座を持っていない場合にはカードが郵送で送られてくるのを待つか、ローン契約機で発行しなければなりません。近くに三井住友銀行のローン契約機があれば良いですが、そうでない場合には郵送で送られてくるのを待たないければならないため、借入まで時間がかかってしまいます。

三井住友銀行口座を持っていない場合、待てる余裕がある場合には良いですが、すぐにでもお金が必要という場合には近くにローン契約機があるかどうか確認してから融資の申し込みをしましょう。

三井住友銀行カードローンは担保・保証人なく借りられますので、人には内緒でお金を工面したい場合でも安心です。

三井住友銀行のATM以外でも、近くの他行ATMからでも借り入れ可能!

三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行のATM以外の他行ATMからでも借り入れすることができます。

借り入れ可能な他行ATMはローソンATM、セブン銀行ATM、Enet、ゆうちょ銀行となっています。大手コンビニであるセブンイレブンとローソンのATMでも利用できますので、全国各地で利用できます。コンビニ系ATMからでも借り入れできるのは非常に便利ですよね。

また三井住友銀行、提携コンビニATMからの利用の場合には手数料が無料となります。三井住友銀行ATMならば時間外でも手数料が無料となります。

返済方法は3つから選べる!返済日は4つから選べる!

三井住友銀行カードローンは、返済方法は

・返済日にATMから入金
・インターネットバンキングからのお振込み
・毎月の自動引き落とし

の3つから、自分の都合の良い方法を選べます。自宅からATMに行かずに返済できるネットバンキングでも、自動引き落としでも対応しているので、どのようなライフスタイルでも都合の良い方法で返済することができます。もちろん、自動引き落としにも対応しているので、ネットやATM操作に自信がない人でも安心ですね。どの方法の場合でも、返済日を毎月きちんと把握し、送れないように返済することが大切です。

また、三井住友銀行カードローンは毎月5日、15日、25日、月末の4日から返済日を選ぶことができます。給料日前の返済は苦しいもの。返済日を選べるのはとても助かりますよね!

 

三井住友銀行カードローンで借入する方法は?
借入までの4ステップ!

三井住友銀行カードローンで借入するのは難しくありません。来店不要のWEBだけで審査申し込みが完了しますので、WEBの画面に沿って入力していくだけです。
ここでは、三井住友銀行カードローンの借り入れまでの手順を詳しくご紹介します。

三井住友銀行カードローンの公式ページからお申込み

まずは三井住友銀行カードローンの公式ホームページへとアクセスします。ホームページのお申込み画面から、必要事項を入力していきます。

申し込み画面は、すでに三井住友銀行口座をお持ちの方と、持っていない方とは別になっていますので注意しましょう。

氏名、住所、生年月日、職業はもちろんのこと、年収、勤続年数、勤務先の従業員数、他者からの借り入れの有無(ある場合には金額)や配偶者など家族の有無、住宅の所持の有無など細かく記入していきます。

少しでも審査に通りたいがために、虚偽の事実を記入したくなるかもしれませんが、それは絶対にいけません。虚偽申告は詐欺罪に問われることもあるのです。銀行やカードローン会社は、クレジットカードやローン状況の信用情報はすぐに調べることができるのです。

嘘を書いてもすぐにばれてしまい、何のメリットもありませんから、必ず正直に申告しましょう。

 

本人確認書類をWEBで提出

審査申し込みの記入が終わったら、本人の確認書類の提出をします。三井住友銀行カードローンでは、スマホのカメラ機能を利用してかんたんにWEB上で提出することができますから、郵送の必要はありません。

本人確認書類には

・運転免許証

・マイナンバーカード

・パスポート

・各種健康保険証

・在留カード

・外国人登録証明書

・特別永住証明書

などがあります。私的に作られた名刺等では本人確認にはなりません。公的に発行されているものが本人確認書類にあたると考えておくと良いでしょう。

本人確認のための公的書類を偽造して提出することは「有印私文書偽造」という詐欺罪に相当します。カードローンの審査にあたっては、うそはすぐにばれてしまうもの。正直に申告するようにしましょう。

審査結果連絡

融資審査申込書と本人確認書類の提出後、審査が終わり次第、審査結果が電話かメールで連絡があります。審査結果については、最短で翌営業日(銀行の休業日を含まない日数)までには連絡があります。審査結果の連絡は9時~21時までとなっています。

記入に不備があった場合や、不明、不審な点があった場合には審査結果連絡の前に確認の電話がかかってくることがあります。すみやかに借入できるよう、メール確認や、電話をすぐに受け取れるようにしておきましょう。

三井住友銀行カードローンでは、「在籍確認」が行われます。これは申告した勤務先に間違いなく在籍しているかの確認で、アポなしで職場に電話がかかってきます。電話の日時を申込者が指定することはできません。

 

借入可能の場合ATMからすぐに借入可能!

三井住友銀行カードローンの審査に通ったら、ATMから現金の借り入れが可能となります。三井住友銀行に口座をお持ちの方は、キャッシュカードですぐに借入可能です。三井住友銀行に口座をもっていない場合には、三井住友銀行のローン契約機か郵送でローン専用カードを受け取ります。

近くに三井住友銀行ローン契約機がある場合には、すぐに借入可能ですが、郵送の場合には数日待たないと借入できません。

カードさえあれば、提携ATMならばどこでも借入可能です。三井住友銀行カードローンでは、Enet、ローソンATM、セブン銀行のコンビニATMとも提携していますので、非常に借入しやすいカードローンです。

主婦やパート、学生、アルバイトでも三井住友銀行カードローンに申し込みできる?

主婦やパートでも突然まとまった額のお金が必要になることがありますよね。三井住友銀行カードローンでは20歳以上69歳までの毎月安定した収入のある方ならだれでも審査申し込みが可能です。

主婦でもパートやアルバイトの方であっても、毎月決まった額の収入があればお申込み、融資可能です。ただし、学生はアルバイトをして毎月安定した収入があったとしても申し込みできません。収入がない専業主婦、無職の人も申し込み不可となっています。

仕事をしていても安定収入とみなされない個人事業主の人も審査の時点で落とされてしまう可能性があるので注意が必要です。

三井住友銀行カードローンのメリットは?

三井住友銀行カードローンのメリットはどのようものがあるのでしょうか。

大手銀行ならではの安心感

三井住友銀行は誰もが名前を知っている大手銀行です。名前が通っている銀行のカードローンですので、安心と信頼はピカイチです。

金利が低め

他のカードローンと比較しても金利は平均です。非常に高すぎるわけでありませんので、安心して借入することができます。

テレビCMを大量に放映するような大手の消費者金融の金利は20%前後ですから、消費者金融と比較するとかなり安い金利と言えます。

対応が丁寧で安心

大手銀行である三井住友銀行カードローンは、担当者の対応がとても丁寧で物腰が柔らかく、わかりやすいと評判です。

カードローンの申し込みはドキドキするもの。担当者が威圧的だと萎縮してしまいますよね。

三井住友銀行ATM、提携ATMの手数料が無料!

三井住友銀行カードローンでは、Enet、ローソンATM、セブン銀行ATMと提携をしており、手数料が無料となっています。

返済方法をATMで振り込みを選択すると、毎月返済のたびに入金手数料がかかってしまいます。1回数百円ではありますが、毎月となるとかなりかさんでバカにならないもの。三井住友銀行カードローンならば、三井住友銀行ATM、提携ATMの手数料が無料なので、これは大変助かります!

 

銀行系カードローンの中では融資スピードが早い

銀行は土日祝日がお休み、また営業時間も5時までという印象があるなか、三井住友銀行カードローンでは9時~21時まで営業をしており、土日祝日も営業をしています。そのため、三井住友銀行カードローンは銀行系ATMの中では審査結果が早く、最短翌日審査可能となっています。そのため借入までが非常にスムーズです。

しかしながら、即日審査・融資可能というわけではありませんので、今すぐにでも借入したいという人には不向きです。

銀行系カードローンなのに、口座不要で利用できる!

口座不要でカードローンを利用できる銀行系カードローンは多くはありません。三井住友銀行カードローンは口座不要でもお申込みできます。

満69歳まで申し込める!

銀行系カードローンは、借入できる年齢が満60歳や65歳という場合が多いなか、三井住友銀行カードローンは満69歳まで申し込み可能です。年齢でカードローンをあきらめていた人でも安心です。

三井住友銀行カードローンのデメリット

三井住友銀行カードローンのデメリットを見ていきましょう。

三井住友銀行の口座を持っていないと、返済に口座引き落としを利用できない

三井住友銀行は口座を持っていなくても申し込みが可能です。しかし、三井住友銀行口座以外では、口座引き落としによる返済ができないのです。

三井住友銀行カードローンでは、口座引き落とし以外にも「ATMからの入金」「インターネットバンキングでの入金」に対応していますが、手間なく毎月確実に返済できるのは口座引き落としですよね。

返済方法に口座引き落としを検討している方は注意が必要です。

即日審査、融資はできない!

銀行系カードローンの中ではスピード審査&融資可能な三井住友銀行カードローンですが、即日審査、融資はできません。

消費者金融の大手の場合は、多くは即日審査、融資可能であることと比べると、三井住友銀行カードローンは審査、融資のスピードが遅いと言わざるを得ません。

無利息期間の設定がない

大手の消費者金融では、最近は1か月以内の返済なら利息0という場合が増えてきていまうすが、三井住友銀行では無利息期間の設定はありません。そのため少額の借入であっても、翌月の給料で返せる金額であっても利息がかかってしまいます。

少額、すぐに返済できるアテがある場合にはデメリットと言えますね。

審査が厳しい

三井住友銀行カードローンに限らず銀行系全体として言えることですが、消費者金融と比べて三井住友銀行カードローンの審査は厳しめになっています。正職員であっても在職歴が短いと融資不可なっているケースもあります。

事業性資金には利用できない

自営業をしていて、事業のために融資を受けたいという場合には三井住友銀行カードローンでは借入することができません。三井住友銀行カードローンは原則使い道自由のフリーローンとなっていますが、事業性資金には利用することができないきまりになっています。

銀行系カードローンはすべて事業性資金には利用できないことになっていますので、事業のお金が必要の場合には各銀行の事業融資プランを利用するか、消費者金融を利用することになります。

三井住友銀行カードローンの増枠はできるの?

一度、三井住友銀行カードローンで融資をしてもらっても、またお金を工面しないといけない場面が出てくることがあります。その際、三井住友銀行カードローンでは増枠できるのでしょうか。

お答えとしては増枠はできます。三井住友銀行カードローンの最高限度額は800万円となっていますので、800万までは増枠可能となっています。

しかし、誰でも増枠可能ということではありません。増枠の際にも再度ローン審査があります。返済歴、残高を含めて総合的に審査されますので、審査結果によっては増枠できない場合もあります。

100%確実に増枠できるわけではありませんので注意しましょう。また最高限度枠である800万ぎりぎりまで借入している際には増枠できません。

三井住友銀行カードローンの残高照会の方法はどうすればいい?

三井住友銀行カードローンの残高照会の方法は3つあります。

ATMでの確認方法

三井住友銀行、および提携ATMにカードローンに利用しているカードを挿入すると、「残高照会」というボタンが表示されます。このボタンから残高が確認できます。

三井住友銀行のアプリから確認

三井住友銀行の公式アプリをダウンロードすると、スマホで24時間いつでも簡単に残高を確認することができます。

iPhoneの場合には「App Store」で、アンドロイド端末の場合には「Google Play」にて「三井住友銀行」と検索すると公式アプリが出てきますのでダウンロードしてみましょう。

電話で確認

三井住友銀行カードローンプラザ「0120-923-923」まで電話をすると、残高を調べてくれます。受付時間は9時~21時まで、1月1日以外は毎日営業をしています。フリーダイヤルですが携帯電話、PHSからも利用することができます。

 

三井住友銀行カードローンは解約できる?解約方法は?

もうカードローンを利用しなくなったので解約したい、ということもありますよね。もちろん、三井住友銀行カードローンは解約できます。ただし、借入金をすべて完済していることが条件です。

借入金をすべて完済していて、三井住友銀行カードローンを解約したい場合は、カードローンプラザに電話をしましょう。(三井住友銀行カードローンプラザ 0120-923-923 ※9時~21時まで営業、1月1日以外は毎日営業)

解約は本人しかできません。解約の電話の際に本人確認もされますので、必ず契約者本人が電話するようにしましょう。万が一、契約者死亡などによって何らかの都合により本人が解約できない場合にも、まずはカードローンプラザに電話のうえご相談ください。

三井住友銀行カードローンプラザでの電話手続きが滞りなく終わると、解約のための書類が自宅に郵送されてきます。必要事項を記入し、返送しましょう。この書類が受理されれば解約となります。

申し込み手続きはすべてWEBで完結しましたが、解約の場合には郵送となり時間が必要となります。

また、解約の際には「完済証明書」をもらうと良いでしょう。完済証明書があると、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンを新たに組む際に「ローンは完済しています」という証明になるので、新たなローン審査の際にプラスに働くことになります。

完済証明書は希望者にのみ発行されるものですので、解約希望の電話の際に合わせて伝えておくと良いでしょう。

完済証明書が発行されたからといって、ローン履歴が信用情報から削除されるということではありません。信用情報から削除されるまでには、ある一定の期間が必要です。

 

三井住友銀行カードローンは繰り上げ返済・臨時返済はできるの?

三井住友銀行カードローンでは繰り上げ返済・臨時返済が可能です。余裕があるときに、いつでも臨時返済できます。三井住友銀行ATM、提携ATMからの返済、インターネットバンキングからの返済が可能です。臨時返済した月は、いつもの返済日は繰越となります。

(例:毎月25日に10000円の返済の場合、当月に50000円を臨時返済すると、25日の定期返済日に返済しなくてもペナルティにはならない)

もし一括返済をしたい場合には、まずは三井住友銀行カードローンプラザに電話をして残高の確認をし、一括返済したい旨を申し出ましょう。金利は1日ごとにかかっています。そのため、残高は1日ごとに変動しているものなのです。

一括返済を希望の場合には、まずは三井住友銀行カードローンプラザで正しい返済額を確認するようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの返済日に遅れたらどうなるの?

三井住友銀行カードローンの支払い日をうっかり忘れてしまっていた、今月はどうしても返済できそうにない…そんなこともありますよね。

もし、三井住友銀行カードローンの支払いに遅れてしまった場合には、どのようなペナルティが課せられるのでしょうか。

遅延損害金が課せられる

三井住友銀行カードローンの支払いが延滞すると、遅延損害金が課せられます。遅延損害金とはカードローンの利息のほかに、返済が遅れてしまったことに対する弁済金のようなものです。

遅延損害金は、借入金額ごとに1日あたりの利率が定められており、延滞する期日が長ければ長いほど、遅延損害金はどんどんかさんでしまいます。

追加融資が受けられない

三井住友銀行カードローンの返済を延滞してしまった場合、遅延していた返済金をきちんと返済するまでは追加の融資は受けられません。

遅延していた返済金を支払ったあと、追加融資を受けられるようになるのは2営業日後からです。しかしながら、過去に何度も延滞している場合には追加融資を二度と受けられなくなる可能性もあります。

特に三井住友銀行カードローンは延滞後の追加融資審査が厳しいと言われていますので、三井住友銀行カードローンで借入する際には注意しましょう。

 

信用情報に記録が残る

金融業界には「信用情報機関」というものが存在し、クレジットカードやカードローンを利用したことがある人はすべて、クレジットカードの利用履歴、延滞歴、カードローンの利用歴、延滞歴の情報がすべて網羅されています。

クレジットカード会社や、カードローン会社ではこの信用情報が共有されており、新規にクレジットカードやカードローンの申し込みがあった場合、過去に延滞歴がないか信用情報で確認をしています。

三井住友銀行カードローンの返済を延滞すると、信用情報機関に延滞歴が記載されてしまいます。今後、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンを組む際に不利になってしまいます。

2回の短期延滞ですぐに不利になるわけではありませんが、回数が重ねればどんどん不利になっていきます。カードローンは延滞せずに返済するようにしましょう。

これらのペナルティは三井住友銀行カードローン独自のペナルティということではなく、どのカードローンでも共通のペナルティとなります。

 

返済に口座引き落としを選択していた場合、残高不足の場合はどうなるの?

三井住友銀行カードローンは返済方法を、「三井住友銀行口座からの引き落とし」「インターネットバンキング」「ATMからの入金」の3つから選ぶことができます。

三井住友銀行口座からの引き落としを選択した際、ついうっかり返済日に残高不足だった場合にはどうなるのでしょうか。

残高不足で口座引き落とし不可だった場合、自宅あてに再引き落とし日の連絡が来ます。再引き落とし日にしっかり引き落としになるように残高を確認して、不足している場合には入金しておきましょう。

また、振込用紙でコンビニや銀行から振り込みこともできます。その際、振込手数料は負担しなければなりません。振込手数料も回数が重なるとバカにならないものです。

三井住友銀行の借り入れ金は、返済日にしっかり口座引き落としになるように、手帳に印をつけておいたり、スマホのリマインダーを利用するなどして忘れないようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンのがおすすめの人はどんな人?

ここまで、三井住友銀行カードローンについてご説明してきました。三井住友銀行カードローンはどんな人におすすめのカードローンでしょうか。

三井住友銀行に口座を持っている人

三井住友銀行に口座を持っている人なら、来店不要ですべてWEBのみで審査可能です。また融資が決まった際にも、お手持ちのキャッシュカードですぐに借入可能。三井住友銀行の口座を持っていると、できる限りでのスピード融資が可能です。(三井住友銀行カードローンでは即日融資は行っていません)

返済方法も口座引き落としが選択できますので、すでに三井住友銀行口座をお持ちの方にお勧めできるカードローンです。

近くにローン契約機がある人

三井住友銀行カードローンのからの借入が決定すると、三井住友銀行の口座をもっていない場合には三井住友銀行のローン契約機でローンカードを発行するか、カードが郵送されてくるのを待たなければありません。近くにローン契約機がない場合、借入まで数日がかかってしまいます。

三井住友銀行のローン契約機は「SMBCモビット」です。全国に約400代が設置されています。設置場所はSMBCモビットの公式ホームページで確認できますから、ローン契約機が自宅近くにある人には、三井住友銀行カードローンはおすすめです。

信頼、安心のある機関から借入したい方

三井住友銀行はメガバンクと呼ばれる日本を代表する大手銀行です。大手銀行ですから、安心感と信頼感はピカイチ。お金を借りるなら信頼、安心のある機関から借入したいという方に三井住友銀行カードローンはおすすめです。

すぐに借入したい方

三井住友銀行カードローンは審査までのスピードが早く、三井住友銀行に口座を持っている人はすぐにキャッシュカードで借入可能です。三井住友銀行に口座をもっていなくても、SMBCモビットのローン契約機で郵送を待たずにローンカードを発行することが可能ですので、すぐにでも借入可能になっています。三井住友銀行カードローンのローン契約機は全国に400代と、かなりの台数を誇っています。そのため、三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行に口座がなくても、すぐに現金を借入することが可能です。

 

 

三井住友銀行カードローンについてご説明してきました。誰にでもお金に困ってしまうときはあるものです。その際にカードローンの情報があると安心ですね。三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の口座がなくても審査申し込み可能です。WEBのみでの手続き可能で、担保、保証人は不要ですので、人に知られずにお金を借りることができます。また、大手メガバンクなので安心と信頼感があります。

しかし、カードローンすべてに共通していますが、遅延してしまった際には相当のペナルティが課せられますので、絶対に延滞しない、また手軽、気軽に借入しない気持ちを持つことが大切です。